自動契約機の営業時間の画像

消費者金融が設置している自動契約機は、個室の中に機械が置いてあるだけで従業員は中にいません。そのため、ジュースなどの自動販売機と同じように24時間いつでも使えるものだと思っている人もいます。しかし、自動契約機は営業時間が決まっています。消費者金融によって細かな点に関しては異なりますが、概ね朝の9時前後から夜の9時前後までになっています。閉まるのが夜の9時前後であるため、申し込みを受け付けているのはその1時間くらい前までというところもあります。そのため、24時間いつでも使えると勘違いしていた人で、深夜や早朝に自動契約機のところに足を運んで閉まっていたという経験をしたことのある人もいるでしょう。

自動契約機は24時間ではない

自動契約機の営業時間が24時間ではないのにはきちんとした理由があります。それは、営業時間内にはオペレーターと繋がっているためです。初めて利用する人から見れば、文字通り自動的に処理されるものの用に思えてしまいますが、機械を通じているだけで人間が処理をしています。個室内には防犯カメラもあり、オペレーターからはその映像が見えます。送信した申込用紙は、受信後にオペレーターがすぐに受け取って審査を開始してくれるため、まるで自動的に処理されているように思えてしまうわけです。また受話器を取るとすぐにオペレーターが出て、分からないことを質問できるようになっています。この点からも営業時間内には常にオペレーターが待機しているということが分かります。