消費者金融が設置している自動契約機は、個室の中に無人の機械が置かれていて、必要に応じて申込書などが備え付けられています。申込書に必要事項を書いて、機械に読み込ませるという方法で申し込み手続きを行うことができるような仕組みになっていて、個室内にはもちろんのこと、敷地内にも消費者金融の従業員は1人もいません。そのため、誰とも会わないで使えるというメリットがあります。さらに消費者金融の側から見ても、誰も現場に待機させなくて済むため人件費の節約にもなっています。

自動契約機は24時間ではない

消費者金融の自動契約機は24時間使えるか?の画像

しかし、この自動契約機は24時間いつでも利用可能というわけではありません。深夜や早朝の時間帯には利用できないようになっています。概ね朝9時くらいに開いて、夜9時くらいに閉まるようになっている業者が多い傾向にあります。これは現場は無人でも、自動契約機はオペレーターと繋がっているためです。申し込み手続きがなされると、オペレーターの元にデータが届いて審査を開始しますが、深夜や早朝にはオペレーターも帰宅してしまいます。そのため24時間いつでも使えるというわけではないのです。

しかし、消費者金融の多くはインターネットを使って申し込み手続きをすることもできます。インターネットならサーバーが24時間稼働しているため、申し込み手続きも24時間いつでも行うことが可能になっています。ただし、審査をするのは消費者金融の従業員であるため、深夜や早朝に申し込み手続きを行った場合には、翌朝に審査が開始されることになります。