キャッシングやカードローンの申し込みをすると、職場への在籍確認が行われます。申し込みの際に虚偽の申告をする人も中にはいるためです。事実を申告しているのであれば、特に不安を感じることはないですが、職場の人にキャッシングやカードローンを利用していることを知られたくないという人も多いでしょう。電話をかけるという方法で在籍確認をするためです。しかし、ほとんどの消費者金融では、そういった事情に対する配慮がきちんとできています。

職場にバレる可能性は少ないです

消費者金融の在籍確認についての画像

消費者金融の名前を名乗ったり、キャッシングの審査をしているといった内容のことは電話に出た人に話すことはありません。個人名で電話をかけて、申込者と代わって欲しい旨を伝えるだけです。実際に申込者が電話を代わらなくても、その職場にいることさえ分かれば、それで在籍確認が終わります。

ただ、そういった配慮があっても、鋭い人には消費者金融のキャッシングの審査かと疑われてしまいます。そのため、職場に電話をしないやり方で在籍確認をしてくれる業者もあります。例えば、社員証や給与明細書、源泉徴収票などの書類を提出させる方法があります。それらの書類には会社名が記載されているため、在籍確認のやり方としては十分です。そして、そういった方法なら職場の人に知られることはありません。

そのため、電話をする方法では、職場の人にキャッシングの利用を知られてしまう心配のある人は、そういった電話をしないやり方をしている業者を利用すると良いでしょう。